2個の水素原子から水素分子が形成されるようすのシミュレーション


2個の水素原子が接近していくと,電子雲が重なり合って中間で「濃く」なってくる。 そうして密度が高まった中間の電子雲から両方の原子核が引き付けられることで 結合力が生じる。しかし,あまり近くなると今度は二つの原子核同士の反発が 強くなってしまうので,ある距離で釣り合いの状態に達する。これが 水素分子 H2の姿である。図で青い色の明るさは電子雲の 濃さ,原子核の黄色の明るさは核同士の反発の強さを示している。

H2formation