「は」と「が」  

 普段使っているプリンターで印字するために花王の専用紙をずっと使ってきている。いろいろ使ってみて、まあまあこのへんに落ち着いたのである。 とはいえ、この紙について何かを書こうというのではない。 袋に印刷された文章のほうだ。袋を閉じる「ふた」のすぐ近くに、紙の裏表に注意す るようにと一行書かれている。こういうふうに使用する直前 に手が行く場所に注意書きを置くのは、たしかにかしこいやり方であって、 周到な配慮を感じさせる。しかし、その文章がいつも気になるのだ。
 こちらが裏面ですので印字に向きません。
となっている。この「こちらが」がどうしても気になってしまうのだ。ここはやはり、
 こちらは裏面ですので印字には向きません。
としてもらわないと気持ちが悪い。
1998.5.10