PC でプログラミング

MacBook ももちろん授業で使えます. そのための解説はこちらを見てください.


Windows8/10と Mac の Emacs 利用のトラブルについて


プログラミング環境の構築(Windows 8/10)

自分のパソコンで納得いくまでプログラムをいじるのが, プログラミング習得の近道です.そのためにWindows のPCに Ruby でプログラムを作成するための環境をインストールする 方法を解説します. すべて公開されているすぐれたフリーソフト を使います(つまり無料です).

Window の警告メッセージについて

Windows PCにソフトをインストールしていくと,しばしば警告が表示されます. (たとえばこんな例) この作業では,この種の警告はすべて無視して「実行」で 進めてください.

セキュリティソフトについて

パソコンにセキュリティソフトがインストールされていない場合には, ウイルスなどによる重大な危険が起きることがあります.また,以下の インストール作業の時にも途中でチェックされてインストールが進まないこともあります. セキュリティソフトがまだの人は,最初にインストールしておきましょう.
幸いにして,フリーのセキュリティソフトが KINGSOFT から提供されていますので, お金がない人はそれをインストールするとよいでしょう. KINGSOFT Internet Security の無料版ダウンロードページ (無料の「見返り」としては,ブラウザのスタートページが同社のものにするか, あるいは広告が出ます)

インストールの流れ

次のようにして,擬似UNIX環境であるCygwin,プログラミング言語のRuby, エディタのEmacs の3つの主要な道具を インストールします. Ruby は Cygwin と一緒にインストールします. さらにEmacsで円滑に日本語を入力できるようにGoogle日本語入力をインストールします.

下の流れの最初の方を,動画で説明してあります. 参考にしてください. プログラミング環境構築説明のための動画

この説明を印刷して読めるようにした PDF ファイルもあります.必要ならダウンロードして使ってください.

  1. Firefox のインストール
    Windows に付属してくるプラウザの Internet Explorer(IE) を使うと, ファイルのダウンロードでいくつかの不具合が発生します.そのため,Firefox をインストールして 作業を進めます. Firefox をインストールした後は,IE ではなく Firefox でこの後の作業を進めてください.
  2. インストールのための準備
  3. CygwinとRuby のインストール
  4. GNU EmacsとGoogle日本語入力のインストール

以上でRubyを使うためのプログラミング環境のインストールは終わりです. 必要なら Java や C など他の言語についても,フリーのプログラミング環境が簡単に追加できます.

うまくいかなかったときの対処法


マニュアルなどの資料

エディタの使い方,プログラミング言語の仕様など, いろいろな資料を駆使してプログラムを書くのが正しい作法です.

  1. Ruby リファレンスマニュアル: Ruby のマニュアルです.Ruby プログラミングに必携のドキュメントです.
  2. Emacs の簡単な使い方: 基本的な使い方を B4 見開きにまとめました. 印刷していつも参照して,使い方に習熟するようにしてください.