Java を始めよう(合宿用教材)


wge t をゲットしておこう

以下では,たくさんのファイルをダウンロードして利用する。右クリックで「ファイルを保存」とかいう方法もあるが, ダウンロード先をいちいち指定しなければならない。めんどうくさい。

そこで, wget を使おう。 Linux ならば最初からインストールされている。それ以外のOSの場合のインストールはこちらを参照。

そうやってインストールできたら,次のようにしてファイルをダウンロードできる。

  1. ブラウザ画面のリンクの場所で右クリックして「リンクのURLをコピー」
  2. ターミナル上で次のように入力するだけでファイルがダウンロードされる
      wget [右クリック→貼り付け]
                

ミッション

下にソースファイルがある。これらを自分のディレクトリに ダウンロードして,コンパイルして走らせなさい。 なお,一部にはそのままでは走らないものがあるが, 簡単な修正で走るようになる。 さらにソースを見ながら,やっていることを見て,自分で作り変えなさい。

Java 入門


Java の実行までの手順

Java はコンパイラ言語

以上の手順を実際に試して,プログラムが実行されることを確かめなさい。


Java プログラムの形式の特徴(Ruby との違いを中心に)


Java プログラムの使われ方

Java のプログラムには アプリケーション, アプレット の2つがある。


サンプルプログラム

Hello 系

HelloWorld.class を走らせるための HTML ファイルは 次のようになっている。

HelloWorld.html

グラフィックスの基本

フォントの扱いについて

Java でちゃんとしたフォントを使おうと思うと, どんなフォントを使えるかという問題を避けて通れない。 ところが,OSによって使えるフォントは違うにも関わらず, インターネットを介して,いろいろなコンピュータ上のブラウザが参照することになる。 そこで,個々のプラットフォームによるフォントの 差を吸収して互換性を持たせるために,論理フォントを用いる。 この解説は Graphics6.java の冒頭のコメントに入れてあるので, よく読んで活用できるようにしよう。

ループの形

アプレット

Hoge.java という Java のソースを コンパイルすると,Hoge.class というクラスファイルが生成する。 これを HTML ファイルから読む込むようなタグを書いておいて, HTML ファイルをブラウズするとプログラムが実行される。 HTML の方のタグは次の形。

      <applet code="Hoge.class" width=150 height=100>
      </applet>
    

アプレットを走らせる

正規の方法

アプレットを読み込んで表示するための HTML ファイルを ブラウザで見る

しかし,実はこのやり方には問題がある。 ブラウザはアプレットを一度読み込むと,もとのアプレットを 更新しても,最初に読み込んだアプレットを実行し続けるのである。 ブラウザを立ち上げなおせば更新が反映されるのだか,それは 面倒。

さらに, ブラウザでアプレットを実行させようとすると,Javaアプレットの脆弱性を回避するための 強いセキュリティチェックがかかる。これをいちいち解除するのはめんどうである。というわけで,ブラウザで アプレットを実行させるのは,少なくともデバッグ段階では得策ではない。そこで・・・

appletviewer を使って簡単に見る

アプレットを読み込んで表示するための HTML ファイルを hoge.html とする。このとき,次のようにコマンドラインから 入力すると,描画の部分だけが表示される。

	appletviewer hoge.html
      


メソッドを利用する

メソッドを使えば, ある機能を独立して簡単に使える。

メソッドの形

      public void hoge(Type arg1, Type arg2, ...){

      }
    
上で void (空)は返り値なしを意味する。 Type は型,またはクラス名,arg は変数名。
メソッドで処理して何らかの結果を返すときには,次の例のように int, doulble などの型を hoge の宣言のところで指定して, return で値を 返す。
      public int hoge(Type arg1, Type arg2, ...){

      return answer; // answer は int 型でないといけない。
      }
    

あるメソッドを設計するときには,そのメソッドが何を必要とするかを 考えて,渡すべきパラメータを選ぶ。 たとえば,円を描くメソッドなら,中心の座標(x,y),半径 (radius), 色 color などが考えられる。 また, x,y,radius,color の型が何であるかも考える。


デバッグの方法

コンパイル時エラーと実行時エラー(例外)

エラーには, Java のソースをコンパイルしたときに表示されるエラーと, コンパイルはエラーなしに終了するものの,いざ実行しようとすると エラーメッセージとともに 終了したりハングアップしたりする(恐怖!)ものがある。 後者は例外(Exception)と呼ばれ,走らせたときに予期しない状況が発生して しまうタイプのもの。

コンパイル時エラー

実行時エラー(例外)

走るけど結果がおかしいバグ

このバグが一番厄介。

(C)小波秀雄 2006-2014